執筆依頼・執筆実績についてはこちらから!

【佐賀/ラーメン】ついに佐賀で食べれるぞ!二郎系ラーメンの店「がぶがぶラーメン」

がぶがぶラーメン #ゆるさがぐらし

こんにちは、WAG MAG.ひとり編集長のイワハシ(@hinotecafe)です。

少し前になりますが、ついに!あの憧れの「二郎系ラーメン」が佐賀に上陸してきました!ということで、本家の二郎も食べたことない私はさっそく行ってみることにしました。

スポンサーリンク

九州では二郎系ラーメンがなかなか食べられない!

佐賀も含め九州は全般的にとんこつラーメンが強く、なかなか他のラーメン文化が浸透していません。二郎系ラーメンもいくつか福岡などに出てるものの、閉店してしまったりして数はガチで少ないようです。

ラーメン好きからすると、関東付近にいる友人から漏れ聞こえてくる「ラーメン二郎」の情報は胸躍るものがあるのです。

極太の麺。盛りに盛られた野菜に極厚のチャーシュー。そんなラーメンは見かけることはないですね。井手ちゃんぽんが近いかな?でもちゃんぽんだし…

というわけで二郎系ラーメンはある種九州人にとっては幻のラーメンでもあるのです。

「コールとか言えるのかな…」「食べるの遅かったら『ギルティ!』とか言われるのかな…」

ネットのコワい情報にびびってましたが、結論からいえば店員さんも愛想がよく、注文システムが親切で頼みやすい!味も個人的には大満足!でも、人は選ぶかな…という感じです。一度行って見る価値はありますよ!

スポンサーリンク

佐賀で二郎系を喰らう!「がぶがぶラーメン」

がぶがぶラーメン店頭

外観はこんな感じ。看板の黄色が本家の二郎っぽさを感じさせますね。店頭にあるのは100円で回せるガチャガチャ。中にはトッピングなどの当たったトッピングをつけてもらえます。中にはラーメン1杯無料のあたりもあるとか。

中はカウンターのみで10人くらいが座れるくらい。結構狭いのでグループでの食事には向きませんね。お客さんもおひとりさまがほとんど、多くて2人連れでした。

さて、噂に聞く二郎系の注文システム。従来だと「ヤサイマシマシニンニクアブラカラメ」みたいな「コール」と呼ばれる呪文みたいなものをすることでトッピングの量を伝えるのですが、ここは超親切!

テーブルに注文表があって、それに商品とトッピングの量を記入していくだけ。そして注文表を渡す際に先払い。

この「一蘭」っぽい注文システム、いいですよね!

イワハシ
イワハシ

恥ずかしさや怖さもなく自分の注文を伝えられるのは良いと思う!ぜも、一度コールやってみたい気もする…

そして、肝心のラーメン。超腹ペコ状態で行った私は、チャーシューが6枚入った「がぶ肉ダブルラーメン」を全部がぶがぶ(2倍トッピング)で注文!「大」は流石に怖くていけなかった…

がぶがぶラーメン

みよ、この迫力。

ジロリアンには普通の光景かもしれないけど、二郎系初挑戦の私にとってはど迫力のビジュアル。ここではラーメン鉢ではなく、土鍋に乗ってラーメンが出てきます。

がぶがぶラーメン 麺

麺の太さが、ラーメンというよりうどんですね。自家製麺でやっているそうで、カウンター奥の厨房を見れば製麺機らしき機械があるのがわかります。

この太さなので茹でるのにも時間がかかるようで、混雑状況によりますがおそらく注文してから10~20分くらいは待つと思っておいてよいでしょう。流石に細麺のとんこつラーメンのようにすぐは出てきません。短気な人は向かないかもしれませんね。

個人的に感動したのはこのチャーシュー。極厚なのにかなり柔らかくてジューシーです。1本持ち帰りたい。

スープもかなりパンチがあって美味。にんにく無しを頼んだことがないのですが、にんにくはマストでトッピングしたほうが良いです。にんにくが溶け込んでるところと溶け込んでないところを飲み比べてみましたが、スープの旨味が全然違います。

溶き卵でつけ麺風に食べるのもおすすめ!

無料のトッピング以外に有料(主に卵系)のトッピングがあるのですが、おすすめは「生とじたまご(150円)」。とじたまご、とありますがこれをとじずに使います。器の中で溶き卵にして、つけ麺風に食べます。

実はこれ、オリジナルでも何でもなくて、「ラーメンYouTuber」として知られるSUSURUさんが二郎系ラーメンでよくやってる食べ方なんですね。

【毎日ラーメン生活】千里眼 バレンタインに二郎系ラーメンをすする【二郎インスパイア】SUSURU TV第101回

毎日ラーメン食べてるYouTuber、SUSURUさんのチャンネル「SUSURU TV.」

私はこれをよく見てて、「いつか二郎系を食べるときは溶き卵につけてすするんだ…!」と思っていましたが、ここでやっと叶いました。

パンチの効いた味がたまごでマイルドになって、また違った楽しみ方ができますよ。

スポンサーリンク

ハマるかハマらないか!まずは1度体感してみよう

「二郎系はハマる人はとことんハマる」と聞きますが、私は完全にハマったほうですね。量が量だけに毎日はいけませんが(食べ終わった直後は、正直また来ようとは思えませんでしたw)、しばらくするとまた食べたくなる魔力があるんですよね。

ただ、この魔法にかかるかかからないかは明らかな個人差があると思います。実は、この写真を撮影した当時は割とオープンしてそんなに経っていない時期で、このときはテレビの特集の効果もあってか老若男女幅広く来客がありました。

イワハシ
イワハシ

僕の隣は50代くらいのおばちゃんでした。ラーメン見て絶句してました(笑)

その後、何回かリピートしていっているのですが、見事に客層は男性の割合が多くなり、ある程度お歳を召した方はほぼいなくなっていました。もちろんまったくいないわけではないですが、やはり男性ウケが良いのは否めませんね。

ですが、女性でもハマる客はいますし、こればっかりは食べてみないとわかりません。というわけで、まずは1度体感してみて、それから判断してみてください!

がぶがぶラーメン

住所:佐賀県佐賀市巨勢町大字牛島255−7

営業時間:11:00~15:00 18:00~19:30

定休日:木曜日

Facebookページ 食べログ

スポンサーリンク

おまけ:家で二郎系ラーメンが食べれる方法があった

実は、「がぶがぶラーメン」ができる前、どうしても二郎系ラーメン食べてみたい!!!という想いが爆発して、なんとか佐賀で二郎系ラーメンを食べられる方法を探したことがあるんですよ。

そうして見つけたのが、有名店のラーメンの麺・スープ・具材をそのまま宅配で届けてくれる「宅麺.com」というサービス。店の人がお店で出してる材料そのものを冷凍して送ってます。

まあ、このサービスもSUSURUさんの動画で知ったんですけどね…(笑)

二郎系ラーメンが食べたいけど佐賀市までは遠すぎる!家でゆっくり食べたい!という人はこういうサービスを利用してみても良いと思いますよ!
↓リンクはこちら!↓

宅麺.com

イワハシ
イワハシ

個人的にはSUSURU TV.に頻出している有名店「もみじ屋」や「ちばから」が気になります。要チェック!