執筆依頼・執筆実績についてはこちらから!

ブログが重すぎたので高速WordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」に変えてみた。

未経験からのライター生活

こんにちは、WAG MAG.ひとり編集長のイワハシ(@hinotecafe)です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

ブログの表示速度が遅い

このブログ「WAG MAG.」は四苦八苦設定しながらオープンさせた初のWordPressでのブログマガジンで、運営はじめて2ヶ月目くらいになるのですが、ずっととあることが気になっていました。

「サイトが重い…」

記事を投稿した後は自分で確認とかするんですが、表示されるのにすごい時間かかっていたんですね。下手したら10秒くらいかかってたのではなかろうか(体感ですが)。

私はロード時間とか読み込みとかそういうのにはあまりイライラしない性質なのですが、今までの経験上表示時間が遅いことにイライラする人は多いので、「これは改善しないと…」と思っておりました。

表示速度が遅いとサイトの直帰率が上昇する

2017年3月にGoogleが公開したデータ(Google Developers Japan)によると、モバイルのデータ表示速度に関して次のような結果を報告しました。

  • 読み込みに3秒以上かかるページからは53%のモバイルサイト訪問者が離れている。
  • ページ読み込み時間が1秒から7秒に増えると、モバイルサイト訪問者の直帰率が113%増加する。

詳細はかなり端折っているので、詳しくはGoogle Developers Japanを参照くださいね。

私のサイトだけでなく、殆どのサイトにおいてスマートフォンなどのモバイル端末で閲覧されているので大きな問題です。また、表示速度はSEOにも好影響を与えますので、検索順位を上げるためにも対策は必要です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

偶然出会った高速WordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」

サイトの高速化についてなんとなく思案に暮れていた時、Twitterのタイムラインからとある情報を得ました。

理想のwordpressテーマを見つけた!【Luxeritas】これで無料って神なんじゃないかな

フォローしているぷらどん(@puradon_omori)さんが上の記事で「Luxeritas」を絶賛していたので、私も気になって詳しく調べてみたんですよ。結果としてこのテーマが私の悩みを軽くしてくれました。

「Luxeritas」は実際これで無料で良いの?というレベルでメリットの多いWordPressテーマであったのですが、ここですべてを伝えるとすごく長くなるので私が実際に「Luxeritas」を導入してよかったと実感した点に絞って書いていきます。

詳細を知りたいときは「Luxeritas」制作者ルナさんのサイトへどうぞ。

Luxeritas Theme

スポンサーリンク



非常に高いカスタマイズ性

導入してみて実感したのですが、このテーマの作りが非常に親切できめ細かいこと。

「こういう機能があったらいいな」と思うものはほぼ全て実装されており、中には「こんなものまでカスタマイズできるの?」といった部分までいじることができるため、自分の使い方にフィットした設定に限りなく近づけられます。

ちなみに「Luxeritas」でカスタマイズできる箇所は外観・内部合わせて約34種・300項目です。

個人的にはSNS連携、パンくずリスト、シェアボタンが標準で設定されているのと、アドセンスがレクタングル広告2つ並びをどこでも設置できるようになっているのが助かりましたね。ホントにきめ細かい。

サイトの大幅な高速化

なんといっても大きな恩恵は高速化です。専門的な事は私も詳しくないのですが、高速化のために以下の取り組みを行っています(詳細は割愛しています。)

  • HTML・CSS・Javascriptの圧縮
  • HTTP リクエストの低減
  • デザインに影響がない CSS の非同期読み込み
  • .htaccessによるブラウザキャッシュとGzip圧縮
  • PHP プログラムの最適化

テーマ導入後の状態は、製作者曰く「ベターではベストではない設定」であるようです。私のように高速化を求める場合は上記の機能をフル稼働させる「高速化設定」を行う必要があります。

その方法も、製作者サイトにわかりやすく解説されていますので「高速化するためには」を参照しながら設定すれば大丈夫です。

あと面白かったのは、製作者がこのテーマを導入する際に、みんなが入れとけと勧めるプラグイン「All in One SEO Pack」を推奨していない、むしろ入れたいなら使わない方が良いときっぱり断言している点です。

「All in One SEO Pack」が重い、という話は聞いたことはありましたが、製作者はこのプラグインを「重くて、遅くて、ソースコードが超汚い。」と気持ちいいくらいにぶった斬ってます。

こういった重くて負担になるプラグインを使わなくてもいいのは非常にいいですね。

PageSpeed Insightsで表示速度を測ってみた

サイトの表示速度を調べてモバイル・PCそれぞれのスコアを出してくれる「PageSpeed Insights」というツールがあります。「Luxeritas」導入前と後でサイトの表示速度を比較してみたら、大幅な改善が見られました。

このツールは表示速度を100点満点で評価してくれますが、導入前のサイトのスコアはモバイル・PCともに100点中30点台でした(画像を取り忘れました…)。

そして、「Luxeritas」導入後はこのように変化しました。

こちらがモバイル版のスコアです。

続いて、パソコン版のスコアです。

 

完全に高速化!!というスコアではありませんので、まだまだ改善すべきところがありますが、導入前と比べてモバイルが69/100点、PCが51/100点と、スコアがいずれも30点ほど増加しました。

導入するだけで大幅な高速化が確実に見込めますので、サイトの重さに悩んでいる方は導入してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

「Luxeritas」のダウンロード・インストール方法

「Luxeritas」のダウンロードですが、WordPressでテーマ検索しても出てきません。サイトからダウンロードを行います。本体と子テーマをダウンロードしてください。

「Luxeritas」ダウンロードページはこちらから

あとはWordPressにログインし、ダッシュボードの「外観→テーマ」から「新規追加」をクリックし、「本体」→「子テーマ」の順にインストールを行います。

順番にインストールが完了したら、「子テーマ」の有効化をクリックして有効化すれば完了です。

無料であることが申し訳ないくらいに非常に性能の良いWordPressテーマですので、興味が湧いた方はぜひ試してみてくださいね。

今後の考えとしてはもっと見やすいデザインにするため「STORK(ストーク)」や「SANGO(サンゴ)」といった有料WordPressテーマへの移行を考えていますが、まずは100記事くらい記事を充実させることが先だと判断して、しばらくはこちらでガシガシ書いていこうと思います。

スポンサーリンク