執筆依頼・執筆実績についてはこちらから!

佐賀県のご当地ポテトチップス「佐賀のり味」食べてみたよ。…え、もう売り切れ?

#ゆるさがぐらし

こんにちは、WAG MAG.ひとり編集長のイワハシ(@hinotecafe)です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

佐賀県限定のご当地ポテトチップスが発売されているらしい

みんな大好きなお菓子、ポテトチップス。とはいっても私はあまり食べないのですがふとした時に無性に食べたくなってコンビニに買いに行ったりします。

そんなポテチを食べたくなったある日、コンビニに行くと見かけないポテトチップスが販売されていました。

それがカルビーから発売されている「ポテトチップス 佐賀のり味」です。

47都道府県のポテトチップスを作る「♥JPNプロジェクト」

このご当地ポテトチップス「佐賀のり味」はカルビーが展開しているプロジェクト「♥JPNプロジェクト」で作られている限定商品す。

「地元の味を愛すれば、日本がもっと好きになる。」というキャッチフレーズで、全国47都道府県の地元の味を取り入れたポテトチップスを販売しています。

佐賀県の「佐賀のり味」はその第1弾として9月18日から販売が開始されています。その他にも九州では宮崎県の「チキン南蛮味」、長崎県の「あごだし味」など、計17ヵ所のご当地ポテトチップスが販売中で、今後も第2弾、第3弾にわたって順次販売されていくようです。

スポンサーリンク

実際に食べてみた

カルビーのポテトチップスには既に「のりしお味」があるので、まあ正直佐賀のりとポテチは茉莉がいない組み合わせであることは間違いないのですが、では果たしてのりしお味とどんな差があるのか?という点が気になるところ。

中身はこんな感じでした。通常ののりしおと比べると、のりの大きさが少し大きい気がします。加えて、色も濃いというかしっかり海苔の色をしているように感じました。

味ですが、シンプルな塩味の中に、ふわっと海苔が感じられる風味と香りがしました。のりしお味と比較すると明らかに海苔を感じることが出来るのは、やはり日本一の佐賀の海苔を使用しているからでしょうか。

個人的にはもうちょっとガツンと海苔感が欲しかったところですが、のりしお味とは明らかに一線を画す風味でした。予想通り間違いのない組み合わせでしたね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

「ポテトチップス 佐賀のり味」はもうない?

ご当地ポテトチップスの販売ですが、実は「佐賀のり味」を含む第1弾の販売は10月の下旬まで、となっているようです(私は少し前に入手しておりました…)。

売り切れ次第終了ということですので、もしかしたらもう店舗によっては置いていないところが多いかもしれません…

もう少し早く情報をキャッチできていれば…くっ…

というわけで、もしかしたら探せばまだ置いてある店舗があるかもしれませんので、「ポテトチップス 佐賀のり味」食べてみたい方はお早めにコンビニやスーパーをチェックした方が良いでしょう。

ちなみにAmazonでも探してみたところ、販売されていました。

 

12袋セットのみで販売されているようですので、ポテチをよく食べる人はまとめ買いもいいかもしれませんし、友達と割り勘で買ってもいいですね!

店頭で買うにしろAmazonで買うにしろ終売間近の限定商品ですので、ご購入はお早めに!

 

 

▶あわせて読みたい佐賀情報!

佐賀には河童が存在した!?河童と握手したら橋から水が噴出した件。

佐賀県庁で開催中!プロジェクションマッピング「星空のすいぞくかん」に行ってきたよ。

スポンサーリンク