執筆依頼・執筆実績についてはこちらから!

佐賀の見えない世界遺産、三重津海軍所跡を見る方法。

#ゆるさがぐらし

スポンサーサイト



 

 

こんにちは、WAG MAG.ひとり編集長のイワハシ(@hinotecafe)です。

とある取材の帰り道、たまたま近くを通ったんで、行ってみました!佐賀でもかなり話題になったのに、正直派手さがあまりなくてなかなか行く機会がなかった、あの世界遺産です。

 

スポンサーリンク

2015年世界遺産登録!「三重津海軍所跡」

 

三重津海軍所跡とは、幕末、佐賀藩の舟を管理する場所に「御船手稽古所」というものを設置したことがはじまりです。佐賀藩は欧米列強の軍事力に危機感を抱き、西洋の科学技術を導入して海防の強化を図りました。また、幕府が開設した長崎海軍伝習所ににも多数の藩士を派遣し、海軍技術を学ばせました。これらで習得したことを広めるための場所が御船手稽古所でした。

ここを起点として海軍の教育を行う場所や船の修理・建造を行う場所が整備されていき、「三重津海軍所」が創設されたわけですね。

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”iwa.jpg” name=”イワハシ”]海軍の施設とか凄そう![/speech_bubble]

 

では早速その歴史のロマン感じる三重津海軍所跡の全貌、撮ってきました!

こちらです!

 

 

 

…そう、見えないんですね~

 

実はこの世界遺産、地上では見ることが出来ないんですね。「みえない世界遺産」として話題にもなりました。

 

スポンサーリンク

どうやってみるの?三重津海軍所跡を見る3つの方法

 

地下に埋まってて見ることが出来ない世界遺産。ではどうやってみることが出来るのでしょうか?

実は、佐賀市のシティプロモーション室がYoutubeで三重津海軍所跡を見る3つの方法を紹介しています。

 

方法1.透視能力を身につける

クリックで動画にジャンプします

 

1つめは透視能力を身につけて透視で見る方法です。動画では、透視能力者のジョー・ニクモマーブル氏が透視で確かに地中に三重津海軍所跡があると言っています。しかし、透視能力は一朝一夕で見つけられる能力ではありませんので長期的な修行が必要となるため、すぐに見たいという方にはあまりおすすめできないかもしれません。

 

方法2.地底人になる

クリックで動画にジャンプします

 

2つめは地上がダメなら地中に行けばよい!ということで、地底人になる、という方法です。もちろん地底人になれば地中にある三重津海軍所跡はいつでも見ることが出来ます。動画ではおそらく佐賀の地底に住んでいらっしゃる地底人にインタビューを行っております。地底人によれば地底もかなり盛り上がっているとのこと。興味がありますが、地底人になる方法が公開されておりませんので、まず地底人と知り合いになる必要がありますが、なかなか会えるものではないと思いますので難しいでしょう。

 

方法3.明治時代にタイムスリップする

クリックで動画へジャンプします

 

最後の3つめはタイムスリップして、現存している三重津海軍所跡を見るという方法です。実際に稼働しているはずですから、当時の空気そのままに見学することが出来ますね。しかしながら一般にはタイムスリップする方法は知られておりませんので、難しい方法でしょう。

 

 

スポンサーサイト



 

 

スポンサーリンク

どうやってみるの?三重津海軍所跡を見る(現実的な)3つの方法

 

 

上のYoutubeで紹介されていた方法はいささか現実的ではないので、現実的に三重津海軍所跡を見る方法を紹介します。実は、三重津海軍所跡のすぐ横にあります佐野常民記念館に、見えない世界遺産を見る、「三重津タイムクルーズ」というコンテンツがあるのです。

 

方法1.ラウンドビジョン

 

ひとつめは館内に入ってすぐ横にあるこの丸い「ラウンドビジョン」と呼ばれる映像機器。迫力ある大型の円形ビジョンでここに刻まれた歴史を体感することが出来ます。

 

方法2.みえつドームシアター

 

館内1回にどんと設置してある謎のドーム。これはドームシアターと呼ばれるものでこの中に入り、ドームに映し出される映像を下から見るというものです。直径6mのドームに映し出される迫力満点の映像で、三重津海軍所の創設に至る幕末のストーリーを楽しむことが出来ます。

 

【目玉!】方法3.みえつSCOPE

 

これが「三重津タイムクルーズ」の一番の目玉!なんとVR(バーチャルリアリティ)スコープ「みえつSCOPE」を用いて三重津海軍所の様子を体感することが出来るのです。

受付でみえつSCOPEの貸し出しを申請することが出来ます(免許証など本人確認書類が必要)。貸出後は三重津海軍所跡に持っていきます。跡地には、チェックポイントがあり、そこでスコープを覗くと、当時の様子が映し出されます。

 

このスコープにはイヤホンもついており、映像を見ると同時に音声で解説をしてくれます。上の写真のように、もちろん現実には何もないのですが、スコープを覗くと当時の船や施設などが見ることが出来ます。今は何もない平地に、こんなものがあったと思うと、ロマン感じますね~。

今回私はVRがはじめてだったので、みているだけでも楽しかったですね。

 

ちなみに、観ている時の絵はこちら。

 

 

 

※不審者ではありません

 

スポンサーリンク

新しい手法で歴史に触れる楽しみがあります!

 

今回は「みえない世界遺産」の見る方法を紹介しました。館内にはもちろん展示物などもあるのですが、VRなど、新しい手法を取り入れて歴史に触れることが出来るのは非常に面白かったですね。とくにVRはココに来たら是非体験してほしいです。雨が降っていなければ利用が可能だそうです!

 

スポンサーリンク

三重津海軍所跡はコチラ!

 

三重津海軍所跡

住所:佐賀県佐賀市川副町大字早津江字元海軍所31番他

開館時間:9:00~17:00

休館日:毎週月曜日(月曜が祝日、振替休日の場合、翌日)、12月29日~1月3日

電話番号:0952-34-9455

スポンサーサイト